バレンタインにアイスウォッチを贈る

バレンタインデーはチョコレート会社の企画に過ぎないとわかっていても、それを利用して盛り上がりたいのが人情です。

 

 

 

 

日本にバレンタインが上陸したのは、もう半世紀も前の事です。

 

 

 

すっかり定番のイベントとして定着しているバレンタインは、プレゼントに思いを託すことのできる特別な日として以外にも、
周囲の男性諸氏に「いつもありがとう今後ともよろしく」を表する日でもあります。

 

 

 

 

■自慢できるアイスウォッチ

 

 

 

お酒好きな男性にチョコレートは、もはや嫌がらせ以外の何物でもありません。

 

 

お酒や高級スナックも悪くはありませんが、おそらく大勢からもらうことでしょう。

 

 

 

 

たまには目先を変えて、身近で大切な男性にアイスウォッチをプレゼントする女性が増えています。

 

 

 

 

 

娘にクロノタイプをプレゼントされたお父さんは、「娘にもらった」という大義名分があるので、堂々と身に着けられるのです。

 

 

40歳を超えると男性は体裁を気にするので、わざわざ自分のためにファッション腕時計を購入するができないのですが、
それが娘からのプレゼントならむしろ自慢になるというわけです。

 

 

 

兄や弟にも同様で、10代男子なら持っていることがステータスになりますが、自分では購入できません。

 

 

 

■アイスウォッチの実力

 

 

 

アクティブな男子ならスポーツに最適なシリコンウォッチがお勧めです。

 

 

鮮やかなカラーバリエーションは、思わず全色揃えたくなるほど目を引きます。

 

 

 

 

事前に好きな色や良く着るシャツの色などを聞き出しておくのも良いでしょう。

 

 

 

プレゼントする方も貰う方も楽しくなる、それがアイスウォッチの魅力なのです。

 

公式サイトはこちら!

アイスウォッチ

http://www.j-connection.jp/